『遊戯王デュエルリンクス』「ニードルワーム」のカードが登場するのか考察してみた

needlewarm-image

 

ジャンバルでのデュエルリンクスの新しい動画公開時に、デュエルリンクスがスピードデュエルを採用することが判明しました。

 

その記事についてはこちら

ジャンバルで公開された新PV動画「海馬vs城之内」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

 

 

スピードデュエルはこのようなルールになっています。

 

speed_field

 

ライフポイント4000、モンスターや魔法・罠カードが置けるゾーンが3枚ずつ、そしてデッキの枚数も20枚というルールです。

 

 

そこで気になるのがこのカードが登場するかどうかですね。

 

needlewarm

 

 

ニードルワーム

種類属性種族攻撃力守備力
効果モンスター地属性2昆虫族750600
リバース:相手のデッキのカードを上から5枚墓地に捨てる

 

 

 

このカードを3枚デッキに入れることで相手のカードを15枚墓地に送ることができ、実質的なデッキ破壊が可能です。

 

そこで、このカードがデュエルリンクスに登場するのか?もしくはリミット・レギュレーションカードに分類されるのか考察してみました。

 

※リミット・レギュレーションとは?

デッキに入れる枚数を制限される「禁止カード」「制限カード」「準制限カード」のこと。

 

分類デッキに入れられる枚数
禁止カード0枚
制限カード1枚
準制限カード2枚
それ以外3枚

 

 

OCGでニードルワームはリミット・レギュレーションに分類されているのか?

現在のOCGのルールでは禁止・制限・準制限カードには分類されていませんでした。

 

 

デュエルリンクスではリミット・レギュレーションに分類されるのか?

 

おそらく、禁止カードもしくは制限カードあたりに分類される可能性があると思います。

 

「遊戯王ONLINE」もOCGとは異なるリミット・レギュレーションのルールでしたし、何より公式サイトにこのような言葉があります。

 

 

基本的な選定理由

 

遊戯王OCGにおいては過去に発売された全てのカードが使用可能であり、今後も新しいカード・商品が追加されていく、というゲームの環境下において慎重に検討しております。

 

また、検討の際には、世界中のプレイヤーが遊んでいる事も十分に考慮に入れた上で行われます。 適用される「禁止・制限・準制限カード」は基本的に以下の観点から選定していますが、恒久的なものではありません。

 

 

・ゲームバランスを維持し、遊戯王OCG全体の活性化を促すプレイ環境を作り出す事

 

・デッキの選択肢やプレーの幅を広げる事

 

デュエルの駆け引きの要素が激減するようなカード・コンボへの一定の規制

 

プレイヤーが一方的に有利になる状況を作り出すカードへの一定の規制

 

・現状の環境下ではプレイヤーが対処・対策がしづらいカードについての一定の規制

 

・デュエルの進行に支障をきたすようなカードへの一定の規制

 

・大会での使用を考慮した際に、規制をかけるべきと判断されるカードへの規制

 

 

ソースはこちら

 

 

「ニードルワーム」はこの赤文字をつけた部分に引っかかる恐れがあるので、スピードデュエルルールのデュエルリンクスでは禁止カードもしくは制限カードになりそうですね。

最新ニュース

この記事へのコメント