『遊戯王デュエルリンクス』直接ライフポイントを攻撃する効果を持つバーンカードは実装されるのか考察してみた

burn

 

遊戯王デュエルリンクスがスピードデュエルでライフポイントが各4000ずつということが判明したときに疑問に思ったことがありました。

 

 

「直接ライフポイントを攻撃出来る効果を持つカードは使用できるのか?」

 

遊戯王のOCGでは相手のライフに直接攻撃できるこのようなカードが実装されています。

 

death-meteo

 

デス・メテオ

種類属性種族攻撃力守備力
通常魔法

相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

相手ライフが3000ポイント以下の場合このカードは発動できない。

 

 

kaenjigoku

 

火炎地獄

種類属性種族攻撃力守備力
通常魔法

相手ライフに1000ポイントダメージを与え、
自分は500ポイントダメージを受ける。

 

 

デス・メテオや火炎地獄は相手のライフポイントを1000も削れてしまうという強力な効果を持っています。

(デス・メテオは相手のライフポイントが3000以下のときに使えないという制限がありますが・・・)

 

 

 

つまり・・・デュエルリンクスでは最初のターンにデスメテオ1枚、火炎地獄3枚が手札に揃うと1ターンキルが可能なってしまいます。

 

 

そこで、これらカードもデュエルリンクスで使えるようになるのか、リミット・レギュレーションに分類されるのかどうか考察してみました。

(ちなみに「デス・メテオ」や「火炎地獄」など相手に直接ダメージを与えるカードを「バーンカード」と呼びます。)

 

 

 

※リミット・レギュレーションとは?

 

デッキに入れる枚数を制限される「禁止カード」「制限カード」「準制限カード」のこと。

 

分類デッキに入れられる枚数
禁止カード0枚
制限カード1枚
準制限カード2枚
それ以外3枚

 

 

 

バーンカードはOCGでリミット・レギュレーションに分類されているのか?

調べた所、このカードが準制限カードになっていました。

 

 

chain-bakugeki

 

連鎖爆撃(チェーン・ストライク)

種類属性種族攻撃力守備力
通常魔法

チェーン2以降に発動できる。

このカードの発動時に積まれているチェーンの数 ×400ポイントダメージを相手ライフに与える。

同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動している場合、 このカードは発動できない。

 

OCGでは自力でチェーン6まで組むことができれば、一気に相手のライフポイントを2400も減らせるかなり強力なカードになっています。

 

 

チェーンについてはこちらをご覧下さい。

スペルスピードについて

 

 

 

バーンカードはデュエルリンクスで禁止・制限されるのか?

強力なダメージを与えることができるバーンカードは禁止カードもしくは制限カードになる可能性が高いと思います。

 

 

 

実際、原作のバトルシティ編でもバーンカードは禁止カードに分類されていました

 

(マリクに操られた城之内がバーンカードを使っていましたが・・・)

jounouchi

 

 

 

デュエルリンクスが原作に基づく仕様になる場合、禁止カードになる見込みがありそうですね!

最新ニュース

この記事へのコメント