『遊戯王デュエルリンクス』 新カード「ダーク・ネクロフィア」を考察!

 


「ジャンプフェスタ」にて新カード情報発表!

12月17日と12月18日の二日間にわたり「ジャンプフェスタ2017」が開催され、Vジャンプブースにて遊戯王デュエルリンクスが出展され、新情報が公開されました!

今回の記事では、新たに公開されたカードをピックアップして考察していきたいと思います。

※実装日は未定です。

ジャンプフェスタ2017で発表された新情報まとめ記事はこちら!



今回の記事でピックアップするカードは「ダーク・ネクロフィア」!

9


カードの性能

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2200/守2800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から悪魔族モンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):モンスターゾーンのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。
墓地のこのカードを装備カード扱いとしてその相手のモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードが装備されている場合、
装備モンスターのコントロールを得る。

 


考察

今回考察するのは、闇バクラのエースモンスター「ダーク・ネクロフィア」です。

アドバンス召喚を基本とする上級モンスターとは違い、墓地の悪魔族モンスター除外することにより特殊召喚できる少し変わったモンスターです。そのため、召喚ために場のモンスターをリリースする必要はありません。
ですが、除外を要求されるモンスターは3体と少し多めになっています。

 

(1)の効果は、相手モンスターとの戦闘破壊や、「突撃指令」などの効果で破壊され墓地に送られなければ発動しません。そのため、「ハネハネ」の効果で手札に戻されるなど、墓地に送られずに場を離れてしまった場合には発動しません。

 

(2)の効果は、(1)の効果で自身を装備した相手モンスターのコントロールを得ることができます。 (1)の効果は戦闘破壊でも発動するため、自身より攻撃力が高い相手に自ら攻撃し相手モンスターのコントロールを奪う、といった動きも強力です。
ただし、自身を装備カードとして扱うため、「ツイスター」や「魔法除去」の効果によって破壊された場合は相手にコントロールが戻ってしまいます


相性のいいカード

クリボール

 

クリボール」は悪魔族のため、効果を使用し墓地にあるクリボールをコストの1体にすることができます。

 

ワンダー・バルーン

 

ワンダー・バルーン」の効果で手札の悪魔族モンスターカードを墓地に送ることができます。


相性のいいスキル

■闇の力

 

闇遊戯のスキル「闇の力」は、悪魔族・魔法使い族のモンスターの攻撃力・守備力を上げることができるフィールド魔法「」をデュエル開始時から発動できるため、そのままでは少し頼りないダーク・ネクロフィアの攻撃力を上げることができます。




現状では、悪魔族モンスターを墓地に送る手段が少なく、相手モンスターのコントロールを得ることができる効果は強力ですが弱点も多いため、使うのが非常に難しいモンスターになると思います……。

最新ニュース

この記事へのコメント