『遊戯王デュエルリンクス』 ランク戦などで流行中の「銀幕の鏡壁」への対策は?

ca-16sr


「銀幕の鏡壁」を対策!

「銀幕の鏡壁」はネオ-インパクトで登場した、URの罠カードです。
効果が強力で汎用性が高く様々なデッキで使用できるため、ランク戦やフリー対戦で頻繁に見かけるカードです。
今回はその「銀幕の鏡壁」の詳細と対策を紹介します!

「銀幕の鏡壁」の効果について

card_636_1

永続罠
相手の攻撃モンスターの攻撃力は半分になる。
この効果はこのカードがフィールド上に存在する限り適用される。
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に2000ライフポイントを払う。
または、2000ライフポイント払わずにこのカードを破壊する。


フリーチェーンで発動できる永続罠である

発動タイミングがほとんど限定されずにいつでも発動できるカードです。

ダメージステップでも発動できる

ダメージ計算を行い、戦闘結果を導き出すタイミングにも発動することができます。
そのため、戦闘破壊を狙いやすいカードです。

「攻撃モンスター」と書いてある事に注意

半減効果は攻撃宣言を行った相手モンスターのみに適用されます。
そのため、効果の適用中でも攻撃宣言を行っていないモンスターの攻撃力は半減しません。

ダメージステップ発動の際は即座に半減効果の適用

既に発動済みである場合、相手モンスターの攻撃宣言後すぐに適用されます。これは効果の適用なのでチェーンブロックを作りません。

一度半減効果の適用を受けるとこの永続罠が存在する限りそのままとなる

これは、「モンスターが表側表示で存在し続ける場合」であり、裏側表示になった場合やフィールドを離れた場合はキャンセルされます。

このカードが2枚存在する場合、攻撃力は4分の1になる

このカードが2枚存在する場合は、攻撃モンスターの攻撃力は4分の1になります。

Sponsored


「銀幕の鏡壁」への対策を紹介!

トラップ・ジャマー

card_292_1

カウンター罠
バトルフェイズ中のみ発動する事ができる。
相手が発動した罠カードの発動を無効にし破壊する。

銀幕の鏡壁自体の発動と効果を無効にすることができます。

ツイスター

card_180_1

500ライフポイントを払って発動できる。
フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

相手の発動タイミングに依存してしまいますが、バトルステップ(「攻撃宣言をしました。カードの効果を発動しますか?」のタイミング)に発動された場合は、ツイスターで破壊して無効してしまうことができます。
ですが、ダメージステップ(「ダメージステップに入りました。カードを効果を発動しますか?」のタイミング)に発動された場合はツイスターでは対応することができません。

あまのじゃくの呪い

card_448_1

発動ターンのエンドフェイズ時まで、攻撃力・守備力のアップ・ダウンの効果は逆になる。

あまのじゃくの呪いは、「アップ」「ダウン」「プラス」「マイナス」と書かれている効果に対して有効です。
銀幕の鏡壁は「半分」にする効果のため、あまのじゃくの呪いで効果を逆転することはできません。

マインドスキャン

3bb0ceeb-s
ペガサスのスキル「マインドスキャン」でセットしたカードを確認することで、事前に戦闘破壊されたくないモンスターでは攻撃しない、などの対策を立てることができます。

まとめ

最近は、「セットされたカード=銀幕の鏡壁」という前提でプレイするプレイヤーも多いようです。
確かに頻繁に見かけるカードなので、その考え方は正しいのかもしれませんね。
そのことを逆手にとって、まったく違う魔法・罠カードでブラフを仕掛けることもできそうですね!

最新ニュース

この記事へのコメント