『遊戯王デュエルリンクス』 カードトレーダーの新カード「墓守の審神者」を考察!

WS000001


カードトレーダーに「墓守の審神者」が実装!

2017/1/17より、カードトレーダーのラインナップに「墓守の審神者」が追加されました。
今回は、「墓守の審神者」の詳細や相性のいいカードなどをご紹介します。

「墓守の審神者」を考察!

card_727_1

効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1500
このカードはモンスター3体をリリース、
または「墓守」と名のついたモンスター1体をリリースして召喚する事もできる。
このカードが召喚に成功した時、
その召喚のためにリリースした「墓守」と名のついたモンスターの数まで、
以下の効果から選択して発動できる。
●このカードの攻撃力は、その召喚のためにリリースしたモンスターのレベルの合計×100ポイントアップする。
●相手フィールド上にセットされたモンスターを全て破壊する。
●相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力・守備力は2000ポイントダウンする。


強い点

召喚に成功した時、リリースした墓守モンスターの数に応じて追加できる誘発効果を持ったモンスターです。
3種の効果を状況にあわせて使い分けられるほか、リリースを増やすことで効果を複数を使用することができます。

1つ目の自己強化は、上昇率が低く、相手モンスターが存在する場合は他の効果の優先度が高くなります。
なお、墓守モンスター以外のリリースを含んでいる場合は、そちらのレベルも計上されます。

2つ目のセットモンスターを破壊する効果はリリースの損失を取り返せるので、セットモンスターがあるなら優先度が高い効果です。

3つ目の全体弱体化効果は下げ幅が大きく強力です。
このモンスターで攻撃力・守備力4000未満のモンスターまでを一方的に戦闘破壊でき、他の墓守の戦闘補助にもなります。
また、このカードはレベル10の魔法使い族なので、相手の大量展開からの攻撃を凌いだ上でうまくこの効果を決めれば、「拡散する波動」とのコンボで一気に勝利を狙うことも可能です。

攻撃力が2000の魔法使い族モンスターのため、「マジシャンズ・サークル」から特殊召喚することも可能です。
ただし、その場合は効果を発動することができないため注意が必要です。

弱い点

自身の効果でリリース分のアドバンテージを得られるかは不安定なところが大きく、効果を得られるリリースは墓守モンスター限定であり、それぞれの効果に特別強いシナジーもなく、リリースの確保以前に活用できる状況も分散しがちです。
墓守デッキ自体が召喚権にシビアで、「王家の眠る谷-ネクロバレー」の維持に安定性を注ぎたいため、単体だけでみると少々使いにくいカードです。
また、デュエルリンクスではモンスターゾーンが3つまでしかないことと、「王家の眠る谷-ネクロバレー」自体が実装されていないため、「墓守の巫女」をモンスターゾーンに維持させたいことが、自身の効果とかみ合わないことも懸念されます。

「墓守の審神者」と相性がいいカード


カード名 解説

card_514_1

墓守の召喚師

「墓守の召喚師」や状況に応じて墓守モンスターをサーチすることができます。また、このモンスターは「リグレットリボーン」とも相性がよく、墓守モンスターを複数サーチすることが可能です。

card_177_1

拡散する波動

「墓守の審神者」の3つ目の効果を発動し、相手モンスターを弱体化させれば一気に勝負を決めることが可能です。

card_648_1

マジシャンズ・サークル

「墓守の審神者」をデッキから特殊召喚することができます。ただし、その場合は自身の効果は発動しないため注意が必要です。そのため、「墓守の審神者」の効果を使用するためのリリース要員を特殊召喚という使い方も考えられます。

card_584_1

オーバーウェルム

アドバンス召喚した「墓守の審神者」を罠カード、効果モンスターの効果から守ることができます。

「墓守の審神者」への対策カード


カード名 解説

card_274_1

突撃指令

「墓守の審神者」には破壊耐性がないため、このカードの効果で破壊することができます。相性のいい「オーバーウェルム」の影響を受けない点も強みです。ただし、召喚にチェーンして発動し破壊しても、「墓守の審神者」の召喚時の効果は発動するのでご注意ください。

card_449_1

生贄の抱く爆弾

アドバンス召喚した「墓守の審神者」に発動することで、召喚時のリリース要員も含めて大きな損害を与えることができます。

最新ニュース

この記事へのコメント