『遊戯王デュエルリンクス』 話題の墓守デッキを作るなら必見! 墓守関連のカードを解説!

card100001403_1


カードトレーダーに「墓守の審神者」が追加!

2017/1/17より、カードトレーダーのラインナップに「墓守の審神者」が追加されました。
そのため、現在プレイヤーの間で「墓守デッキ」が非常に注目されています!
そこで今回の記事では、「墓守」関連のカードの詳細や相性の良いカードなどをご紹介します。
ぜひ、墓守デッキを作成する際の参考にしてみてください!

「墓守」カードを紹介

墓守の審神者

card_727_1

効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1500
このカードはモンスター3体をリリース、
または「墓守」と名のついたモンスター1体をリリースして召喚する事もできる。
このカードが召喚に成功した時、
その召喚のためにリリースした「墓守」と名のついたモンスターの数まで、
以下の効果から選択して発動できる。
●このカードの攻撃力は、その召喚のためにリリースしたモンスターのレベルの合計×100ポイントアップする。
●相手フィールド上にセットされたモンスターを全て破壊する。
●相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力・守備力は2000ポイントダウンする。


召喚に成功した時、リリースした墓守モンスターの数に応じて追加できる誘発効果を持っています。
3種の効果を状況にあわせて使い分けられるほか、リリースを増やすことで効果を複数を使用することができます。
デュエルリンクスに現時点で実装されている墓守モンスターのなかでは1番攻撃力が高く、墓守デッキのフィニッシャーとして利用できます。

「墓守の審神者」の考察個別記事はこちら


墓守の暗殺者

card_509_1

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1500
「王家の眠る谷-ネクロバレー」がフィールド上に存在しなければ発動できない。
このカードの攻撃宣言時、相手表側表示モンスターの表示形式を変更する事ができる。


条件付きで表示形式を変更させる誘発効果を持っており、「王家の眠る谷-ネクロバレー」が発動している最中は、表示形式変更効果でアタッカーとして活躍します。
相手の攻撃力の低いモンスターを戦闘破壊しつつ、隣の攻撃力の高いモンスターを守備表示にし、後続のモンスターで攻撃を加える、といった戦術も有効です。
ただし、「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在しない場合はステータスが低く効果を持たないモンスターになってしまいます。

墓守の大筒持ち

card_510_1

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1400/守1200
自分フィールド上の墓守の大筒持ち以外の「墓守の」という名のついた
モンスター1体をリリースする事で、相手ライフに700ポイントダメージを与える。



墓守モンスターをリリースすることで700ポイントの効果ダメージを与える起動効果を持っています。
自身や同名カードをリリースすることはできません。
同じ墓守モンスターの「墓守の呪術師」とは相性が良いですが、どちらも戦闘向けのカードではなくバーンデッキ向けのカードです。

墓守の呪術師

card_513_1

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 800/守 800
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚された時、
相手プレイヤーに500ポイントダメージを与える。


召喚や特殊召喚を行うだけで500ダメージを与えられるため、エンドカードとして利用できます。
発動条件も緩く、強制効果であるためにタイミングを逃すこともありません。
しかし、ステータスが低いため戦闘には向かず、肝心の効果ダメージは500が1度と少々火力不足です。
「墓守の大筒持ち」の効果や、「リグレット・リボーン」と併用し、繰り返し特殊召喚できる構築をしておきたいカードです。

墓守の長

card_511_1

効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻1900/守1200
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分の墓地は「王家の眠る谷-ネクロバレー」の効果を受けない。
このカードがアドバンス召喚に成功した場合、自分の墓地に存在する
「墓守の」という名のついたモンスターカード1枚を
フィールド上に特殊召喚する事ができる。
「墓守の長」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。


アドバンス召喚に成功した時に墓守モンスターを蘇生することができるので、カードを消費せず、攻め手を弱める事がありまえん。
ディスアドバンテージなしで召喚できる上級モンスターなので、墓守デッキでは活躍が期待できるモンスターです。
しかし、元々の攻撃力は低く、アドバンス召喚するには少々物足りないものがあります。
「墓守の巫女」や装備魔法などによるサポートが必要になります。
蘇生できる墓守モンスターに制限はなく、最上級モンスターの墓守の審神者も蘇生することが可能です。

Sponsored


墓守の従者

card_512_1

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 700/守 500
このカードが相手に与える戦闘ダメージは
効果によるダメージとして扱われる。


戦闘ダメージが入らない状況でも効果ダメージとして与えるという、非常に特殊な効果を持っています。
しかし、ステータスが低いため応用するのが難しく、装備魔法などで攻撃力を上げるにしてもそこまでするメリット
があるのか問題になります。
デュエルリンクスでは効果ダメージを与えるミッションなどで活躍するかもしれません。

墓守の召喚師

card_514_1

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1500
このカードが自分フィールド上から墓地へ送られた時、
自分のデッキから守備力1500以下の
「墓守の」と名のついたモンスター1体を手札に加える。


墓守モンスター限定ですが、緩い発動条件と範囲の広いサーチ効果を持っています。
墓地へ送る手段を問わず強制発動するので、「墓守の審神者」「墓守の長」のアドバンス召喚や、「墓守の大筒持ち」の効果によるリリースなどによって墓地に送られても発動します。
そのため、墓守デッキでは大変有用なカードといえます。

墓守の巫女

card_515_1

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールドは「王家の眠る谷-ネクロバレー」になる。
フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、この効果は適用されない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上の「墓守」と名のついたモンスターの
攻撃力・守備力は200ポイントアップする。


フィールドを「王家の眠る谷-ネクロバレー」として扱う効果と、墓守モンスターを全体強化する効果を持っています。
表側表示でフィールド上に存在しているだけで、フィールドを「王家の眠る谷-ネクロバレー」として扱う特殊な効果ですが、あくまで”扱う”だけであり、「王家の眠る谷-ネクロバレー」が持つ強化や墓地封殺の効果が適用されるわけではありません。
「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在することで発動できたり効果が強化されるカードのサポートとして機能する、ということです。
このカードが表側表示で存在するだけで、「墓守の暗殺者」の効果や「ネクロバレーの祭殿」の発動条件を満たすことができます。
墓守モンスターを全体強化する効果は自身も強化されますが、上昇値は200と基本的にステータスが低めの墓守モンスターには少々物足りません。
デュエルリンクスでは「王家の眠る谷-ネクロバレー」が未実装のカードのため、このモンスターを維持したいのですが下級モンスターで簡単に戦闘破壊されてしまいます。

不幸を告げる黒猫

card_523_1

リバース・効果モンスター
星2/闇属性/獣族/攻 500/守 300
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
デッキから罠カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。
「王家の眠る谷-ネクロバレー」がフィールドに存在する場合、
その罠カードをデッキの一番上に置く代わりに、手札に加える事ができる。


罠カードをデッキの一番上にサーチし、特定条件下で手札に加える事ができる誘発効果を持っています。
デュエルリンクスでは「王家の眠る谷-ネクロバレー」が未実装で条件を満たすには「墓守の巫女」が自分フィールド上に表側表示で存在している必要があります。
そのため、サーチして置かれる場所は基本的にデッキの一番上になってしまいます。そのカードは次の自分のターンにドローする事になり、罠カードは、セットして1ターン待たなければ発動する事ができないため、全体的に効果の発動は遅くなりがちです。
罠カードのサーチは貴重な能力ですが、使用するのが難しいカードです。

幸福を告げるフクロウ

card_480_1

効果モンスター
星2/風属性/鳥獣族/攻 300/守 500
リバース:デッキからフィールド魔法カードを1枚選択し、デッキの一番上に置く。
「王家の眠る谷-ネクロバレー」がフィールド上に存在する場合、
選択したフィールド魔法カードを手札に加える事ができる。


「不幸を告げる黒猫」と似たような効果を持っておりこちらはフィールド魔法が対象になっています。
「不幸を告げる黒猫」と同じく、基本的にデッキの一番上に置くことになってしまいどうしても発動できるのが遅くなってしまいます。
そもそもサーチしたい「王家の眠る谷-ネクロバレー」がデュエルリンクスでは未実装のため、使用する意味がないカードになってしまいます。

墓守の石版

card_436_1

通常魔法
自分の墓地の「墓守の」と名のついた
モンスター2体を選択して手札に加える。
この効果は「王家の眠る谷-ネクロバレー」の効果では無効化されない。


自分の墓地から墓守モンスターを手札に加えるサルベージ効果を持っています。
状況に応じて必要な墓守モンスターを2枚墓地から手札に加えることができます。
また、発動するだけで単純に手札が1枚増えることになるため、手札コストの補充としても利用できます。

ネクロバレーの祭殿

card_432_1

永続魔法
フィールド上に「墓守」と名のついたモンスター及び
「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在する場合に発動できる。
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いに「墓守」と名のついたモンスター以外のモンスターを特殊召喚できない。
「墓守」と名のついたモンスター及び「王家の眠る谷-ネクロバレー」が
フィールド上に存在しない場合、このカードを破壊する。


限定条件下で墓守モンスター以外の一切の特殊召喚を封じる効果を持っています。
特殊召喚を封じる効果は強力で、融合モンスターや儀式モンスターを主軸としたデッキに対しては非常に有効に働き、一方的に押し切ってしまうことができます。
デュエルリンクスでは「王家の眠る谷-ネクロバレー」が未実装のため、自分フィールド上に「墓守の巫女」が表側表示で存在することが条件になります。ですが、「墓守の巫女」はステータスが低く、通常召喚からの戦闘破壊で突破されてしまう可能性が大きいため注意が必要です。

「墓守」カードと相性がいいカード

カード名 解説

card_16_2

ワンダー・ワンド

墓守モンスターは全て魔法使い族のため、装備可能です。墓守モンスターは基本的にステータスが低めのため、それを補うことができます。

card_648_1

マジシャンズ・サークル

墓守モンスターは全て魔法使い族のため、非常に相性が良く、最上級モンスターの「墓守の審神者」でも特殊召喚することが可能です。

card_647_1

リグレット・リボーン

墓地へ送られることで墓守モンスターをサーチする効果を持つ「墓守の召喚師」を使いまわすことできます。

まとめ

「墓守の審神者」が追加されたことで墓守デッキが強化されましたが、やっぱりネクロバレーが欲しくなってしまいますね……。
今後、どのような形で入手できるようになるのかわかりませんが、ネクロバレーが実装されたら墓守デッキがさらに強化されて環境のトップデッキになりそうです。

最新ニュース

この記事へのコメント