『遊戯王デュエルリンクス』 新カード《浅すぎた墓穴》を考察!

hakanannnn


新ミニBOX「フレイム・オブ・ザ・タイラント」が追加!

2017/2/3 14:00より、新ミニBOX「フレイム・オブ・ザ・タイラント」が追加されました。
今回は、「フレイム・オブ・ザ・タイラント」のSRカード《浅すぎた墓穴》の詳細や相性のいいカードなどをご紹介します。

「フレイム・オブ・ザ・タイラント」のカードリストはこちら

《浅すぎた墓穴》を考察!

card_758_1

通常魔法
お互いのプレイヤーはそれぞれの墓地のモンスター1体を選択し、
それぞれのフィールド上に裏側守備表示でセットする。


強い点

お互いにモンスターをセット状態で墓地から特殊召喚する効果を持っています。

他の蘇生カードとは違い、セット状態で特殊召喚するためリバース効果と非常に相性が良いカードです。
ウォーム・ワーム》などのような破壊された時に効果を発動するモンスターや墓地へ送られた時に効果を発動するモンスターとも相性が良く、効果を使いまわすことができます。
また、融合召喚はセットしたモンスターでも行えるので融合素材確保に使用する手段もあります。

相手フィールドにもモンスターが特殊召喚されてしまうのはデメリットですが、自分フィールドに特殊召喚されたモンスターをリリースして《天空騎士 パーシアス》をアドバンス召喚して攻撃することで、貫通ダメージを与えつつ効果により1ドローするなど、相手モンスターを利用する手段もあります。

弱い点

相手のモンスターも蘇生するため、単純に発動するだけではディスアドバンテージになってしまいます。
普通のデッキで使用するのではデメリットのほうが大きいため、採用するデッキを選ぶ必要があります。

また、このカードの発動条件として、「お互いの墓地に蘇生可能なモンスターが1体以上存在している」、「お互いがモンスターをセットできる状態である」の2点を満たす必要があります。
どちらかの墓地に蘇生不可能なモンスターしかいない状態やそもそもモンスターがいない状態は発動することができません。モンスターゾーンに空きがない場合も同様です。
発動条件満たしていた場合でも、相手の墓地のモンスターによっては発動をためらうこともあり、どうしても相手に依存してしまうカードになってしまいます。

《浅すぎた墓穴》と相性がいいカード

カード名 解説

card_745_1

天空騎士 パーシアス

天空騎士 パーシアス》のリリース要員を確保しつつ、相手のフィールドにセットされたモンスターに攻撃して貫通ダメージによる1ドローを狙うことができます。

card_756_1

ウォーム・ワーム

墓地からセットして使いまわすことで、相手のデッキを破壊することができます。

card_727_1

墓守の審神者

自分の墓地から墓守モンスターを蘇生し、《墓守の審神者》を召喚する際のリリースにすることで、、「相手フィールド上にセットされたモンスターを全て破壊する」などの強力な効果を3つの中から選択して使うことができます。

《浅すぎた墓穴》への対策カード


カード名 解説

card_222_1

マジック・ジャマー

《浅すぎた墓穴》の発動を無効にし破壊することができます。

card_716_1

墓堀りグール

相手の墓地のモンスターを除外することで、《浅すぎた墓穴》の発動を妨害することができます。

《浅すぎた墓穴》と相性がいいスキル

現世復帰の制約(イシズ・イシュタール)

ライフポイントが相手より1000以上少ない時に使用できる。相手の墓地に存在するすべてのモンスターをワイト(アンデッド族・闇・星1・攻300/守200)に変える。このスキルは1ターンに1度しか使用できない。


相手の場にセットされるモンスターを《ワイト》にすることができます。

最新ニュース

この記事へのコメント