『遊戯王デュエルリンクス』 新たに追加されるレジェンドデュエリストの勝利報酬カードを紹介!

03006


2/13のメンテナンス後に新たに勝利報酬カードを追加!


IMG_0540
2/6 11:00頃、デュエルリンクス内のお知らせにて、2/13のメンテナンスでレジェンドデュエリスト報酬カードの追加するとの予告がありました!
このページでは、その追加カードの詳細を簡単にまとめてご紹介します。

2/13のメンテナンス情報はこちら


新たな報酬カードは紹介!

竜騎士ガイア(闇遊戯)

ryugaia

融合モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」+「カース・オブ・ドラゴン」


暗黒騎士ガイア》と《カース・オブ・ドラゴン》を素材とした風属性・ドラゴン族の融合モンスターです。
融合素材のモンスターはどちらも通常モンスターのため、《凡骨の意地》や《フュージョン・ゲート》などのサポートにより融合召喚はそれほど難しくありません。
ですが、より攻撃力が高い《メテオ・ブラック・ドラゴン》が優先されるため、活用するのが難しいカードになってしまいそうです。

ファミリア・ナイト(海馬瀬人)

card100000587_1

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1200/守1400
(1):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
お互いのプレイヤーは、手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚できる。


戦闘破壊された時にお互いに手札からレベル4のモンスターを特殊召喚する誘発効果を持っています。
戦闘破壊限定という受動的な発動条件に加えて、相手にも特殊召喚の機会を与えてしまうため、少々扱いにくさが目立つカードです。

ギルフォード・ザ・ライトニング(城之内克也)

card100019951_1

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守1400
このカードはモンスター3体をリリースして召喚する事もできる。
(1):モンスター3体をリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。


モンスターを3体リリースして召喚することもでき、そのアドバンス召喚に成功した場合は相手フィールドのモンスターを破壊する効果を持っています。
スパイダー・エッグ》や《トライワイトゾーン》などを利用することでリリース要員を用意することができます。
攻撃力も高いためフィニッシャーとして活躍が期待できるカードです。

アマゾネスの剣士(孔雀舞)

card73708597_1

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1500/守1600
このカードが戦闘を行う事によって受ける
コントローラーの戦闘ダメージは相手が受ける。


アマゾネスモンスターの1体であり、戦闘ダメージを相手に移す効果を持っています。
ハーフ・シャット》などで弱体化させて戦闘耐性を持たせて自分から攻撃力の高いモンスターに攻撃する、などの活用法がありますが、相手に依存してしまいがちなカードです。
ですが、まだ数が少ない貴重なアマゾネスモンスターのため、アマゾネスデッキで活躍が期待できるカードです。

治療の神 ディアン・ケト(真崎杏子)

cba4f9f8

通常魔法
自分は1000ライフポイント回復する。


自分を1000ライフポイント回復する効果を持っています。
回復数値がなかなか高く、レジェンドデュエリストとのデュエルでハイスコアを狙う際のライフ調整や、「ライフ○○以上で勝利する」などのステージミッションで活躍するカードになりそうです。

ヴァリュアブル・アーマー(インセクター羽蛾)

51311406

デュアルモンスター
星5/地属性/昆虫族/攻2350/守1000
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードは相手フィールド上の全てのモンスターを1度ずつ攻撃をする事ができる。


デュアルモンスター共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で全体攻撃する永続効果を得る効果を持っています。
レベル5の昆虫族モンスターのため、《孵化》を使用してレベル4のモンスターから容易に特殊召喚することができます。《代打バッター》から特殊召喚することもできます。
上級モンスターとしては少々攻撃力が低めですが、出しやすさもあり活躍に期待できるカードです。

エビルナイト・ドラゴン(ダイナソー竜崎)

41t6oJAoALL

通常モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2350/守2400
邪悪な騎士の心に宿るドラゴンが実体化したもの。


闇属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
属性・種族・レベルが同じ通常モンスターには《真紅眼の黒竜》が存在しており、こちらは守備力が勝っています。ただし《真紅眼の黒竜》は《メテオ・ブラック・ドラゴン》などの融合素材として使われるため、こちらは扱いが難しいカードになってしまいそうです。

竜影魚レイ・ブロント(梶木漁太)

exp1-jp010

デュアルモンスター
星4/水属性/魚族/攻1500/守1000
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードの元々の攻撃力は2300になる。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
次の自分のターン終了時までこのカードは表示形式を変更できない。


デュアルモンスター共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で自身の元々の攻撃力を上昇する永続効果と、表側守備表示になり、自身の表示形式の変更を封じる永続効果を得る効果を持っています。
再度召喚することで、元々の攻撃力が2300になるのは強力ですが、攻撃後に守備表示になってしまうデメリットを持ってしまうため、「海デッキ」などでも《満ち潮のマーマン》などが優先されることになると思われます。

ドーピング(バンデット・キース)

TP14-JP011

装備魔法
装備モンスターの攻撃力は700ポイントアップする。
また、自分のスタンバイフェイズ毎に、
装備モンスターの攻撃力は200ポイントダウンする。


装備モンスターの攻撃力を強化し、自分のスタンバイフェイズ毎に装備モンスターの攻撃力を弱体化する効果を持っています。
単体強化を狙う装備魔法であれば、《破邪の大剣ーバオウ》や《重力の斧-グラール》の上昇値に勝りますが、200ポイントしか変わらず、自分スタンバイフェイズ毎に弱体化するデメリットが気になってしまいます。
デメリットを逆手にとって相手モンスターに装備する手もありますが、弱体化するには時間がかかりすぎてしまうため、活躍が難しいカードになってしまいそうです。

ゾルガ(イシズ・イシュタール)

86506525

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1700/守1200
このカードを生け贄にして生け贄召喚を行った時、
自分は2000ライフポイント回復する。


アドバンス召喚のリリースとなった場合、自分のライフポイントを回復する誘発効果を持っています。
2000という回復量は固定回復量としては高く、自身のスタータスもなかなかのため、単体でも活躍するモンスターになりそうです。

王家の神殿(リシド)

20160908050750

永続魔法
「王家の神殿」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分は罠カード1枚をセットしたターンに発動できる。
(2):自分フィールドの表側表示の「聖獣セルケト」1体と
このカードを墓地へ送ってこの効果を発動できる。
手札・デッキのモンスター1体または
エクストラデッキの融合モンスター1体を特殊召喚する。


リシドのLv.23の報酬カードと同じものになります。
1ターン待つことなく罠カードを発動できるようにする効果は非常に便利ですが、現時点のデュエルリンクスではそこまで有用とは言いにくいため、今後の活躍に期待ができるカードです。

まとめ

お知らせによると、R、Nのカードも数種類使いされるようなのでそちらも楽しみですね!
《エネミーコントローラー》など特定のカードを狙っている場合は、カードが増えるとドロップされる確率が落ちてしまうため、今のうちに入手をしておいたほうがいいかもしれませんね。
新たに追加されたカードを使うレジェンドデュエリストLv50が実装されるのかも少し気になりますね。

最新ニュース

この記事へのコメント