「ギルフォード・ザ・ライトニングデッキ」の構成・スキルやおすすめポイント

遊戯王デュエルリンクスのギルフォード・ザ・ライトニングデッキのレシピを紹介をしています。長所や短所、おすすめスキルについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「ギルフォード・ザ・ライトニングデッキ」構成

モンスターカード
画像カード名称枚数
カイザー・シーホース カイザー・シーホース 3
ギルフォード・ザ・ライトニング ギルフォード・ザ・ライトニング 2
創造の代行者 ヴィーナス 創造の代行者 ヴィーナス 3
神聖なる球体 神聖なる球体 3
魔法カード
画像カード名称枚数
ハーフ・シャット ハーフ・シャット 2
エネミーコントローラー エネミーコントローラー 2
ツイスター ツイスター 1
罠カード
画像カード名称枚数
銀幕の鏡壁 銀幕の鏡壁 2
リグレット・リボーン リグレット・リボーン 1
イタクァの暴風 イタクァの暴風 1

デッキの概要

「ギルフォード・ザ・ライトニングデッキ」は、《ギルフォード・ザ・ライトニング》を主軸にしたデッキです。
《ギルフォード・ザ・ライトニング》のモンスターを3体リリースしてアドバンス召喚に成功した際の全体破壊効果を狙ったコンセプトになっています。

注目カード

カード名 解説

card_792_1

ギルフォード・ザ・ライトニング

このデッキの主軸となるカードです。モンスターを3体リリースしてアドバンス召喚に成功した際に発動する全体破壊効果が強力で、モンスター除去後はダイレクトアタックを狙うことができます。

card_630_1

カイザー・シーホース

このデッキの下級アタッカーです。また、光属性モンスターをアドバンス召喚する場合は2体分のリリースとして扱うことができるため、このモンスターともう一体をリリースすれば、《ギルフォード・ザ・ライトニング》のモンスター破壊効果を発動することができます。効果を使用しない場合はこのモンスター1体のリリースで通常通りアドバンス召喚することが可能です。

card_757_1

創造の代行者 ヴィーナス

ライフポイントを500支払うことで、手札またはデッキから《神聖なる球体》1体を特殊召喚することができるため、《ギルフォード・ザ・ライトニング》をリリース要員を確保することができます。

card_633_1

ハーフ・シャット

自分のモンスターを戦闘破壊から守ることで、《ギルフォード・ザ・ライトニング》のリリース要員をフィールドに残すことができます。

長所

相手モンスターを一掃!

《ギルフォード・ザ・ライトニング》の全体破壊効果で相手モンスターを一掃することができ、《ギルフォード・ザ・ライトニング》のダイレクトアタックで大ダメージを与えることができます。
3体のリリースを用意するのは大変ですが、《カイザー・シーホース》の効果によるアドバンス召喚の条件の緩和や《創造の代行者ヴィーナス》の効果によってアドバンス要員を確保することが可能です。
また、状況によっては《カイザー・シーホース》や《創造の代行者ヴィーナス》によるビートダウンで勝利を狙うことも可能です。

短所

事故率が高い

《ギルフォード・ザ・ライトニング》の効果発動には3体のリリースが必要と重めのため、どうしても手札事故は起こってしまいがちです。また、《神聖なる球体》が手札にかぶってしまっても厳しい状況になってしまいます。
そのため、《ギルフォード・ザ・ライトニング》は効果強力ですが、あくまで勝ち筋のひとつとして考え、通常のアドバンス召喚に留めたり、《カイザー・シーホース》や《創造の代行者ヴィーナス》の下級モンスターによるビートダウンを仕掛けることも重要です。

おすすめデッキスキル

ダイナソー竜崎

スキル名 効果
巨大決戦 相手よりライフポイントが倍以上多いプレイヤーが受ける戦闘ダメージは倍になる。

このデッキへの対策カード

カード名 解説

card_282_1

クリボール

《ギルフォード・ザ・ライトニング》の攻撃を妨害して守備表示へ変更することで、守備力の低い《ギルフォード・ザ・ライトニング》を戦闘破壊を狙うことができます。

card_759_1

フリッグのリンゴ

《ギルフォード・ザ・ライトニング》によるダイレクトアタックを受けた場合に発動することで、強力なトークンを特殊召喚することができます。ただし、《ギルフォード・ザ・ライトニング》の攻撃でライフポイントが0になる場合は発動するまえに敗北してしまうため注意が必要です。

card_580_1

道連れ

《ギルフォード・ザ・ライトニング》の効果で自分のモンスターが破壊され墓地へ送られたことで発動することができ、《ギルフォード・ザ・ライトニング》を破壊することができます。