「デッキ破壊デッキ」の構成・スキルやおすすめポイント

遊戯王デュエルリンクスのデッキ破壊デッキのレシピを紹介をしています。長所や短所、おすすめスキルについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「デッキ破壊デッキ」構成

モンスターカード
画像カード名称枚数
クリボール クリボール 2
ウォーム・ワーム ウォーム・ワーム 3
増幅する悪意 増幅する悪意 3
魔法カード
画像カード名称枚数
浅すぎた墓穴 浅すぎた墓穴 3
カップ・オブ・エース カップ・オブ・エース 3
罠カード
画像カード名称枚数
道連れ 道連れ 1
リグレット・リボーン リグレット・リボーン 3
イタクァの暴風 イタクァの暴風 1
連鎖破壊 連鎖破壊 1

デッキの概要

デッキ破壊デッキは、相手のライフポイントを0にするのを狙うのではなく、「相手にドローさせる」、「相手のデッキから直接墓地へ送る」などの手段を用い、デッキ切れによる勝利を狙うデッキです。

注目カード

カード名 解説

card_756_1

ウォーム・ワーム

このデッキの核となるモンスターです。破壊された時に相手のデッキを3枚破壊します。《リグレット・リボーン》、《浅すぎた墓穴》で蘇生して再利用することで相手のデッキを破壊します。

card_191_1

カップ・オブ・エース

コインで表が出た場合は自分のドローを進めることができ、裏が出た場合は相手にドローさせることでデッキを削ることができるため、コインでどちらがでても利点があります。

card_647_1

リグレット・リボーン

戦闘で破壊された《ウォーム・ワーム》を蘇生することで壁モンスターとして再利用することができます。 《リグレット・リボーン》で蘇生したモンスターは自分ターンのエンドフェイズに自壊するため、その時にも相手のデッキを破壊することができます。

card_171_1

連鎖破壊

召喚した自分の《ウォーム・ワーム》に使用することで、デッキの《ウォーム・ワーム》も"破壊"されるため、相手のデッキを合計9枚破壊することができます。

長所

デッキ破壊力が高く、対策されにくい

《ウォーム・ワーム》のデッキ破壊性能が高く、《浅すぎた墓穴》や《リグレット・リボーン》などでの再利用により素早く相手のデッキを破壊することができます。
また、現時点のデュエルリンクスではモンスター効果を無効にできるカードがまだ少なく、《ウォーム・ワーム》は自分で破壊しても効果を発動できるため、相手に対策をされにくく非常に強力です。

短所

相手にアドバンテージを与えてしまう

デッキ破壊の手段として「相手にドローさせる」、「相手のデッキから直接墓地へ送る」手段を用いているため、前者は相手の手札を増やしてしまう、後者には相手の墓地を増やしてしまうため、それぞれデメリットがあります。

即効性と効率を求められる

相手の大量展開や長期戦に耐えられるデッキではないため、デッキ破壊にはできる限り即効性と効率が求められます。
また、デッキ枚数が多い相手にはデッキを削り切れず、途中で息切れしてしまいがちです。

おすすめデッキスキル

キャラクター名

スキル名 効果
デュエル・スタンバイ 自分と相手の初期手札が1枚増える

このデッキへの対策カード

カード名 解説

card_662_1

エレメント・ザウルス

自分フィールド上に地属性のモンスターが存在していれば、このカードが戦闘によって破壊した効果モンスターの効果は無効化されるため、《ウォーム・ワーム》の効果を無効化することができます。その他のエレメントモンスターも同様です。

card_389_1

破邪の大剣ーバオウ

このカードを装備したモンスターが戦闘破壊した効果モンスターの効果は無効化されるため、《ウォーム・ワーム》の効果を無効化することができます。