『遊戯王デュエルリンクス』スペルスピードについて

デュエルリンクス



魔法カードや罠カード、効果カードにはスペルスピードというカードの効果スピードが存在します。

スペルスピードは1〜3まで存在し、この記事ではチェーン発動と一緒に紹介していきます。

 

チェーン発動とは?

魔法カードや罠カードの効果のやり取りを順序よく解決するためのシステム。

具体的にはカードが効果を発動した時に対して別のカードを発動させる行為のことを指します。

カードが効果を発動した時に相手に応酬できるチェーンカードを発動させるかどうかを確認してから効果の処理を行います。

 

スペルスピード一覧

スペルスピード1

通常魔法

装備魔法

フィールド魔法

儀式魔法

永続魔法

効果モンスター

 

 

これらのカードはチェーンスピードが最も遅くどんなカードに対してもチェーンの処理を行う事ができません。

 

スペルスピード2

速攻魔法

通常罠

永続罠

効果モンスター(誘発即時効果)

※即発即時効果とは・・・相手のターン時にいつでも発動させることが可能な効果カード。

 

これらのカードはスペルスピード1と2に対してチェーンを仕掛けることができるカードです。

 

スペルスピード3

カウンター罠

 

カウンター罠はもともとカードの効果発動に対して効果発動を行うカードで、どんなスペルスピードのカードに対してもチェーンを仕掛ける事ができる。

 

 

チェーンの例

ここで実際にカードをチェーン発動したらどうなるのかみてみましょう!

 

①自分がメインフェイズに「サイクロン」(スペルスピード2)を発動。

saikuron

 

②そこで相手が場に伏せてあった「マジック・ジャマー」(スペルスピード3)を発動。

magic

 

 

③それに対してまた自分が「盗賊の七つ道具」(スペルスピード3)を発動

touzoku

 

 

実際どうなるのか?

 

サイクロン」(スペルスピード2)発動。

サイクロン」(スペルスピード2)の効果を「マジック・ジャマー」(スペルスピード3)の効果で打ち消す。

マジック・ジャマー」(スペルスピード3)の効果を「盗賊の七つ道具」(スペルスピード3)の効果で打ち消す。

 

結果・・・「サイクロン」の効果が発動しフィールド上の魔法・罠カードを1枚破壊することができます。

 

 

注意

スペルスピードが速いカードにスペルスピードが遅いカードをチェーン発動することはできないので注意です!

 

トップページに戻る

最新ニュース

この記事へのコメント